内子の町並み

  • 愛媛県喜多郡内子町

八日市護国の町並みにある町家資料館はぜひ訪れて欲しい。


内子 - 町家資料館

江戸時代の町家の特徴である、蔀戸や大戸などを全面的に開放できる造りの建物です。寛政5(1793)年に建築されたものを復元修理したもので、当時の町家の構造を知ることができます。土間には生活用具や農工具も展示しています。

内子町:内子 - 町家資料館


昭和59年3月当時の「米岡家」住宅を町が譲り受け町屋資料館として復元された建物。看板や照明にも復元時の細かな気遣いが感じられる。


中に入ってみると、床はコンクリートとかではなく、ちゃんと土間。内部には江戸時代の八日市周辺の一般的な町家の生活様式が展示されている。

二階の道に面した側の窓。このほの暗さが美しい。

同じく二階の山手側の部屋。普通の部屋なんですが・・・・こんな造りを見てしまうとビニールクロスや化粧板が使われている部屋がひどく陳腐に思えてくる。


町屋資料館を出て歩いていると、門にこんな飾りのある家がありました。