寝台:サンライズ瀬戸

四国へのエントリーは飛行機を利用する方が多いと思いますが、寝台列車で四国に渡るというのも楽しいもんです。利用するのは寝台特急サンライズ瀬戸

この列車は山陰・四国エリアと東京を結ぶ寝台特急で、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」を岡山で分割・併結して運転されています。値段は飛行機とそう変わりません。

東京駅発22:00 サンライズ瀬戸


この列車に乗る前にお弁当を買っておく。私は駅弁ではなく東京駅大丸の地下の食料品売り場で買います。 品数も多く、通常午後7:30ごろにはお買得の弁当も売られています。

サンライズ瀬戸:B寝台個室

サンライズ瀬戸の寝台はすべて個室で、この写真は上側のB寝台個室(安いほうのSolo)。広くはありませんが個室ですから、ゆっくりとくつろげ、寝るには十分です。


サンライズ瀬戸:のびのび座席

特急指定席券だけで利用できる「のびのび座席」は、フルフラットシートとか書かれていますが、要は平らな床に『ごろ寝』です。一度ここに乗ったことがありますが、天井の極端に低い船の船室に寝ているような感じでした。隣との間仕切りも少しだけしかないため落ち着かず、もう1度乗ろうという気にはなりません。


今回はB寝台個室なので、ほんとうに楽。しばらく窓の景色を眺めながらのんびりしていると、いつの間にか寝てしまい。気が付けば、もう瀬戸大橋に差し掛かっていたなんてことが良くあります。下の写真は朝の瀬戸大橋を渡っている時。

瀬戸大橋

四国側から見た瀬戸大橋。ただしサンライズ瀬戸からは、このようにな角度では見えない(この写真は別の日に写したもの)

高松駅

終点、高松駅に到着。時間はかかっても寝ているあいだに移動しますから疲れません。快適な旅でした。しかし、サンライズ瀬戸から乗り継いで松山に行くには、高松駅に到着してはいけない・・・・。


松山に行くには?

松山へは高松まで行かずに、その手前の坂出で降りて高松発松山行き特急を待ちます。しかし私は途中でおりるのが面倒なので終点高松まで乗って、松山行き特急に乗りました。 この場合、高松-坂出間の往復乗車券が余計にかかってしまうものの、実は時間的には全く同じ。つまり「坂出で降りて待つ高松発の特急」はサンライズ瀬戸が高松に着いてから発車する松山行き特急だからです。


それならば、いっそ岡山で松山行きに乗り換えいても良いのでは?と思うかもしれませんが、その通り。サンライズ瀬戸の場合は、岡山発松山行きの「しおかぜ」と、坂出で乗り継ぐ松山行きの「いしずち」は、宇多津で連結され松山に向かうので、結局この場合も松山には同じ到着時刻です。