石鎚:瓶が森林道

  • いしずち
  • かめがもり

松山市内からは少し遠くなりますが、もし四国に車で訪れるなら、 石槌スカイライン終点と寒風山とを結ぶ「瓶が森林道]をドライブしてみると雄大な景色が楽しめます。 ただし、1日コースになりますから普通の観光客は選ばないルートです...。

瓶が森林道

  • 4月〜11月まで通行可(冬期は閉鎖)
  • 石槌スカイライン終点 - 寒風山

瓶が森林道は、吉野川の源流域、愛媛県と高知県の県境を走る林道です。道幅は車2台分くらいあり現在では全線鋪装されています。 天気の良い日でもガスに包まれることがしばしばある林道で、昼間でも幻想的な景色が見られることがあります。 開通したばかりの4月初旬の瓶が森林道は、ところどころに雪が残っていました。


石槌スカイライン - 瓶が森林道 - 寒風山

  • 石槌スカイライン
  • 朝7時から通行可

瓶が森林道へは、松山から国道33号を高知方向に進み、途中から左折して面河渓谷(おもごけいこく)方向に、面河渓谷から石槌スカイラインに入ります。 石槌スカイラインの終点まで走ると石槌山登山の入り口である土小屋につきます。そこからさらに進んだ所が「瓶が森林道」の入り口です。

瓶が森

  • 瓶が森
  • 1897m
  • 氷見二千石原

これは林道の途中の瓶が森。山頂から左になだらかな草原(氷見二千石原)が続きますが、この写真ではガスにかくれて見えません。

瓶が森駐車場からヒュッテ、瓶が森頂上(1897m別名女山)そして、男山から駐車場まで約2.5km、1時間半くらいで歩けるようなので時間がある時に、一度歩いてみたい。

林道はガスに包まれると、たちまちこのような幻想的な風景が出現する。

晩秋の瓶が森

これは別の日、10月下旬の瓶が森林道です。まるで水墨画のような景色になることも珍しくない。



寒そうに見えるでしょうが、実際に寒い!

山肌をガスが昇ってきて、あっという間に風景が変化する


寒風山 - 加茂川

  • 通年
  • 寒風山トンネルから西条市へ

瓶が森林道は旧寒風山トンネルの入り口のところが終点で、T字路になっています。 このT字路を右に降りると高知県、左に降りると愛媛県ですが、実際にはどちらに降りても、たいした違いはありません。・・・というのは山を降りたところに高知県-愛媛県の県境を結ぶ5Kを超える(新)寒風山トンネルがあり、どちらの道から降りてもその降り口はこのトンネルの両端にあるため、(新)寒風山トンネルを使えば数分の距離しかないからです。


一の谷やかた

瓶が森林道終点のT字路を右折し高知県側におりて国道に出る直前に、「一の谷やかた」という店があります。この店は渓流の脇にあり『眺めがたいへん素晴らしい』、ちょっとしたつまみでもとって休憩するには最適かもしれない。


道の駅 - 木の香

さらに、ここから高知側に車で数分の所に『道の駅』があります。ここには近代的な温泉設備もありますから、山を降りてからひと風呂あびるには便利です。



愛媛 西条市方向へ

愛媛県側に戻るには、(新)寒風山トンネルを通って加茂川沿いの道を進めば西条市まで1本道、反対方向に進めは高知です。


石槌チロルの森

途中の加茂川沿いに『石槌チロルの森』という公園のような有料のレジャー施設があり、ここで食事をすることもできます。急ぎならそこに旨いパンが売っていますから、それを買うのも良いでしょう。



非常に澄んだ水が流れている加茂川。