新居浜:別子銅山

かつて世界一の産銅量を誇った別子銅山は愛媛県新居浜市の山麓部にあり、足尾銅山(栃木)、日立銅山(茨城)とともに、かつて日本三大銅山のひとつとされていた鉱山です。

別子銅山(べっしどうざん)は、1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、関連事業を興すことで発展を続け、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった

ja.wikipedia.org

別子銅山:端出場(はでば)

別子銅山観光で、最も訪れる方が多いのが「マイントピア別子」という観光施設。マイントピア別子は別子銅山が1973年(昭和48年)の閉坑まで使用された端出場地区にあり、観光坑道などの地中展示施設があります。

観光坑道へは、マイントピア別子の入り口に設けられた停車場から観光用鉱山鉄道を使って見学しますが、この鉱山鉄道、わずか数百メートル乗るだけなので、鉄道に期待するとがっかりします。 また、マイントピア別子には、この他に温泉保養センターやレストランなどもあります。

端出場:マイントピア別子


大きな地図で見る

泉 寿 亭

マイントピア別子の中にある住友企業の旧接待館の一部。とても涼し気な雰囲気でした。この建物は開抗250年記念のお客様を迎えるために建てられた京風数寄屋造りの建物。


別子銅山記念館

新居浜駅からマイントピア別子に向かう道のちょうど中間に住友金属鉱山が公開している「別子銅山記念館」があります。大山積神社の境内にあり半地下構造で屋根にはサツキが植えられているため、普段は目立ちません。


大きな地図で見る

実は、期待しないで入ってみたんですが、これが素晴らしい施設で、じっくりと見学してきました。 住友の歴史を紹介する「泉屋歴史コーナー」、銅山の開坑から最近の関連事業まで裾野を拡げた「歴史コーナー」、地質鉱床、 生活風俗、技術などのコーナーにわけられ、豊富な資料が展示されている博物館です。


別子銅山 東平 へ